レンズまとめて買取り

段ボールカメラのレンズは、レンズ単品でも買取りしてくれる店が多く存在します。しかし、カメラの本体に比べると、価格は安くなってしまうのが一般的です。では、どのようにすれば高く買取りをしてもらうことができるのかというと、その1つが多数のレンズをまとめて買取りしてもらう方法です。特に近年では宅配買取りが主流になっているので、着払いで店に送るという方法が多くとられています。

着払いの場合には、業者側が送料を支払うことになるので、単品で売った場合に比べて、ある程度まとまった数のカメラレンズを売ることにより、少々価格が高くなるケースもあるのです。数が多いので、単品で売るよりも値段が高くなるのは当然なのですが、複数回に分けて多数のレンズを売るよりも、1度にまとめて売った方が、1つ当たりの金額も高くなることがあります。

なぜなら送料が節約できるからです。このようなサービスを導入することで、より多くの人に利用してもらおうとする業者も増えてきています。レンズはそのまま廃棄処分してしまう人もいるでしょうが、レンズにひびが入ったなど、使えない状態であればまだしも、使える状態なのであれば、売ることを検討してみてはいかがでしょうか。売ることによって多少なりともお金になります。