動作確認をして査定

レンズカメラが好きな人の場合には、レンズをたくさん持っていることも珍しくはありません。人によってはカメラレンズをしまっておいて、そのまま忘れてしまうこともあるでしょう。このようなカメラレンズを発見した際には、まとめて処分してしまうことも多いでしょうが、処分する前に動作確認をしてみましょう。動作確認をして、使える状態であれば、買取りをしてもらえる可能性もあるのです。

ただし、レンズの部分がキズだらけになっている状態や、カメラ本体に接続できなくなっているレンズに関しては、買取りしてもらえないケースが一般的です。ただし、業者の中には壊れているカメラレンズであっても、ジャンク品として買取りできる場合もあるので、ジャンク品の買取りを行っている店を見つけたら、念のために査定をしてもらうことをおすすめします。

捨てるのはいつでもできますが、1度処分してしまった物を手元に戻すことはできません。処分してしまったカメラレンズが、のちに高く売れることがわかって後悔しても、後の祭りになってしまうでしょう。このような事態にならないためには、処分する前に査定を行うのがベストです。もし査定を行ってみて買取りすることが不可能と言われたら、そのときに処分すればよいのです。